脊髄疾患治療

臨床症状

変形性頚椎症頚椎椎間板ヘルニア後縦靭帯骨化症(OPLL)腰椎椎間板ヘルニア
腰椎すべり症腰部脊柱間狭窄症

■変形性頚椎症

背骨の骨と骨の間をつないでいる椎間板は、加齢に伴い水分を失って体積を減少させていきます。この椎間板の変化に伴い頚椎の骨自体も退行性の変化が発生することを変形性頚椎症といいます。

椎間板の水分量が減少すると押しつぶされるようになり、骨のでっぱり(骨棘)が形成されさらに頭の重心が椎体の前方にかかり、背中が曲がってくる後彎の状態となります。

後彎の状態では脊髄の前面が圧迫されやすくなり、脊髄症状が出現しやすくなってしまいます。中・高齢者に多く発症するため、歳のためと放っておき、症状が進行してから受診するケースが多く注意が必要です。

■頚椎椎間板ヘルニア

頸椎の椎間板が後方へ突出することにより頚髄や頚神経を圧迫し、頚神経が影響している箇所に沿って激しい痛みとしびれを感じます。頸部は硬くなり、頸部を一定の方向に傾けてできるだけ痛みが少ない姿勢をとっていることもあります。頸部の運動、咳あるいはくしゃみなどで痛みは増強され、圧迫された支配領域の筋力が徐々に低下していきます。

■後縦靭帯骨化症(OPLL)

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは、後縦靭帯(脊椎の椎体と呼ばれる部位を上下に連結するために縦走している靭帯)が、骨化し増大するため脊髄の入っている脊柱管が狭くなることで、脊髄・神経根が圧迫され知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気です。
明らかな原因は不明ですが男性に多く発症し、発症年齢はほとんど40歳以上です。

この病気に関係するものとして家族内発症、性ホルモンの異常、カルシウム・ビタミンD代謝異常、糖尿病、肥満傾向、老化現象、全身的な骨化傾向、骨化部位における局所ストレス、またその部位の椎間板脱出など、いろいろな要因が考えられています。

後縦靭帯骨化症は黄色靱帯骨化症、前縦靱帯骨化症を合併しやすく、骨化部位は縦方向や横方向に増大していきます。骨化にともなってすぐに症状が出現するわけではありませんが、症状が重度になると、日常生活に障害がでてきて、介助を要することもあります。また軽い衝撃で四肢麻痺になることもあります。

この病気が起こると、最初の症状として首筋や肩甲骨周辺に痛みやしびれ、また特に手の指先にしびれを感じたりします。次第に上肢の痛みやしびれの範囲が拡がり、下肢のしびれや知覚障害、足が思うように動かない等の運動障害、両手の細かい作業が困難となる手指の運動障害なども出現してきます。重症になると排尿や排便の障害や一人での日常生活が困難となる状態にもなりえます。これらの症状は年単位の長い経過をたどり、良くなったり悪くなったりしながら次第に神経障害が強くなっていき、慢性化しながら進行していくことが多くあります。

中には軽い外傷、たとえば転倒して特に頭などを強く打たなくても、急に手足が動かしづらくなったりすることもあります。

ページトップへ

■腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは椎間板の繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出ししまう病気です。

飛び出した椎間板が神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状や、運動麻痺、歩行障害などを生じます。通常は腰痛やいわゆる「ぎっくり腰」のような症状が数日みられ、これに続いて下肢へと激しい痛みがでます。痛みは激烈なものが多く、数日はほとんど満足に動けなかったり、睡眠も妨げられるほどの痛みとなります。時には排尿排便障害がみられることもあります。

しかしながらこの痛みは2-3週間でピークを迎えることが多く、その後は下肢へと放散する鈍痛がみられ、徐々にこれが薄らぐ経過をとります。

■腰椎すべり症

加齢的変化で椎間関節が破壊されていたり、あるいは無理な姿勢を腰に強要していると腰椎のずれが出現します。この腰椎が前方へずれる状態を腰椎すべり症といいます。

腰椎すべり症には腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症がありますが、病態は分離の有無にかかわらず年齢的な変化が基盤となって、年とともに変性が進行し、次第にすべり症が発生すると考えられます。

高齢者の変性すべり症はほとんどといっていいほど腰部脊柱管狭窄症を伴っており、変性すべり症のある椎間関節はほとんどが変形、破壊されているので、すべり症は腰椎椎間関節の老化に伴う破壊性の変化と考えられています。よって、外科的治療は椎間関節に多少でも影響のある腰椎椎弓形成術だけでなく、神経の除圧の後に、破壊された椎間関節を固定するために腰椎固定術を選択することが多くなります。

■腰部脊柱間狭窄症

先天性に軽度の脊柱管狭窄が存在し、これに加齢に伴う椎間関節や黄色靭帯の肥厚、椎間板の突出、脊椎のすべり症などが伴い、腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状となります。慢性腰痛、下肢痛および間歇性跛行(最初の数分間歩くと下肢にしびれ脱力が生じて歩けなくなる)が主な症状です。

間歇性跛行には大きく分けると神経性間歇性跛行と血管性間歇性跛行があります。

血管性は下肢の動脈硬化による筋肉への血行障害により生じますが、腰部脊柱管狭窄症については神経性間欠性跛行が生じます。

一般的に坐位や腰をかがめたりすると改善するので、調子のいいときと悪いときがありますが、次第に歩行距離が短くなり、日常生活が困難になっていきます。ほとんど歩けない場合でも腰を2つ折りにするとか、前屈して自転車には乗れたりするケースもあります。

下肢の筋力は正常であることが多いが、圧迫が強くなると下肢筋力が低下して、歩行不可能になったり、排尿遅延、頻尿、排尿困難などの膀胱直腸障害も発生することがありますので、男性であれば前立腺肥大症、女性であれば老化による尿失禁とよく間違えられます。

最終的には下肢の麻痺や尿閉となり、歩行できなくなくなることも考えられます。

ページトップへ

鑑別疾患(似たような特徴を持つ別の疾患)

■閉塞性動脈硬化症

腹部大動脈および下肢動脈の動脈硬化のために血液の流れが悪くなり、慢性の血流障害を起こした病態をいいます。

下肢の血液が流れにくくなるために、特に足先の冷たい感じやしびれがおこり、歩行が困難になり、放置しておくと足先が壊死(えし=組織の一部が死んだ状態)を起こし、下肢切断に至ることもあります。

また、動脈硬化からおこる合併症として、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳梗塞などの脳血管障害をきたすこともあります。

閉塞性動脈硬化症は進行性の病気であり、症状の進行はフォンテイン分類(I度~IV度)によって4段階に分けられています。

I度は下肢の冷感、しびれ、II度は間歇性跛行(一定距離の歩行によって筋肉痛が起こり、休息後再び歩行可能になる)、III度は安静時の下肢の疼痛、IV度は下肢の皮膚潰瘍、下肢壊疽に分類されます。

治療は、症状の進行程度に応じて、薬物療法や外科的治療が用いられます。

I度:足の冷感、足のしびれ

左右の足で温度や皮膚の色に差が出てきます。ぴりぴり・じんじん・チクチクなど色々な感じ方があります。

II度:間欠性跛行

一定の距離を歩くと足の裏やふくらはぎが痛くなったり力が抜ける感じがして、歩けなくなります。しばらく休むとおさまって、また歩けるようになります。

III度:安静時疼痛

歩かなくてもじっとしているだけで足が痛むようになります。痛みのために夜眠れないこともあります。

IV度:潰瘍・壊疽
この潰瘍は本来激しく痛むのですが、糖尿病の患者さんは神経障害のために痛みをあまり感じない場合もあるので特に注意が必要です。

腰部脊柱間狭窄症と閉塞性動脈硬化症の間歇性跛行にみる違い

両方の症状として間歇性跛行があげられますが、その痛み方や表れかたには違いがあります。

腰部脊柱管狭窄症による間欠性跛行の特徴
慢性腰痛が伴ったり、最初の数分間歩くと下肢にしびれ脱力が生じて歩きづらくなります。一般的に坐位や腰をかがめたりすると改善するので、調子のいいときと悪いときがありますが、次第に歩行距離が短くなります。ほとんど歩けない場合でも腰を2つ折りにするとか、前屈して自転車には乗れたりするケースもあります。

閉塞性動脈硬化症による間歇性跛行の特徴
通常は腰痛を伴わず、下肢痛は片側性が多くみられます。歩行によって下肢筋肉に疼痛が起こり、しばらく歩けなくなりますが、歩行をやめ休息すると回復して再び歩行が可能になります。症状が進むと、歩行可能距離が短くなり、すぐに疼痛があらわれます。

医療相談・お問合せはこちら info@jyoto-hospital.com TEL.06-6961-2994 FAX.06-6961-1427

アクセスマップ

〒538-0044
大阪府大阪市鶴見区放出東2-11-22
JR学研都市線放出駅、
おおさか東線 放出駅より徒歩10分
地下鉄中央線深江橋駅より、
市バス 放出住宅前バス停下車徒歩3分


ページトップへ